OculusとUnityのメモ

Oculus Rift DK2が届いてUnityを触り始めたのでメモ、超初心者です(言い訳)
現在はOculus SDK 0.4.3.1 BetaとUnity4.5.5p5の組み合わせ

自分が悩んだ所とその解決方法

・OVRPlayerControllerで、自身の自由落下をなくしたい&自由落下なしの状態でカメラ移動したい
→Hierarchyに設置したOVRPlayerController選択
→Inspector上のOVRPlayerController(Script)右クリック、EditScript選択
→自由落下をなくすにはOVRPlayerController.csのUpdate()のGravityのとこをいじる、またはInspector上で変数Gravity Modifierを0にする
→そのままでは常に空中判定となりカメラの移動ができなくなるので、UpdateMovement()内の
if(!Controller.isGrounded)
MoveScale = 0.0f;
をいじる
→自身が接地してなくても自由に移動が可能になる
→それでも若干沈んでいく
moveDirection.y = 0;を
// Move contoller
Controller.Move(moveDirection);
の上に追加する

・好きなキー入力でカメラを移動したい
CharacterController.Moveを使用する
(例、キーボード上部の5、6キーでカメラ自身を上下移動)
Vector3 moveDirection = Vector3.zero;
if(Input.GetKey(KeyCode.Alpha5)){
moveDirection.y = -0.01f;
}else if(Input.GetKey(KeyCode.Alpha6)){
moveDirection.y = +0.01f;
}
// Move contoller
Controller.Move(moveDirection);

・75fpsが出ない
→最初にOculus SDK 0.4.3とUnity 4.5.5f1の組み合わせでやっていたが、これだと60fps以上がバグで出ない
Oculus SDK 0.4.3.1 BetaとUnity4.5.5p5の組み合わせなら75fpsが出るようになった

・何も無いところの背景色を変えたい
→Hierarchy→OVRPlayerController→OVRCameraRig→LeftEyeAnchorまたはRightEyeAnchor
→InspectorのCamera→Backgroundで色を変えられる

・なんだか映像が2重に見える
→レンズが緩んでいたのでしっかり締めると治った

・Oculusで見ている物のスクショを取りたい
→よく分かんなかったです、Unity上のGameタブでひとまず我慢

・その他
SHIFTキーを押しながらビルドした.exeを実行すると幾つか設定を選んで起動できる
実行時にSPACEキーで情報を画面に出力できる

・人型モデルの顔を指定した点に向ける
HeadLookControllerの使い方

コメントを残す